グルコサミン

いまや様々な種類があるサプリメントの中でも、ベスト5に入る人気を誇るグルコサミン。
どうしてこんなに人気があるかというと、多くの人が悩む膝等の関節の痛みから解放する効果に期待する為です。当サイトでは、グルコサミンの摂り方等を詳細に解説しています。

グルコサミンが関節痛を撃退する。

最近、テレビCMや新聞の折込チラシで、「グルコサミン」を見ない日はないと思いますが、それだけ注目を集めている、大人気の栄養素です。

どうしてこんなに注目を集めるかというと、それは非常に効果が高い事が上げられます。
これまで、実際にグルコサミン・コンドロイチンの摂取によって、多くの人が変形性膝関節症から回復したとの臨床結果があります。

これだけ注目されると、多くのメーカーからグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントが発売されていますが、中には「本当に大丈夫?」と思いたくなるような製品もあります。

当サイトでは、グルコサミンやコンドロイチンにスポットをあて、サプリメント等を選ぶ際に知っておいて欲しい事などをまとめていますので、是非参考にして下さい。

又、サイト作成の際には、「グルコサミン.com」から、一部引用しております。

そもそもグルコサミンとは一体何?

関節をスムーズに動かす為に必要な、軟骨に多く含まれている成分です。
基本的には、体内で作る事が出来ますが、年齢と共に、作られる量が減っていきます。

食品では、カニやエビなどの甲殻類の外皮や、山芋(ジネンジョ)のネバネバ成分にグルコサミンが多く含まれています。

当サイトでは、グルコサミンやコンドロイチンにスポットをあて、サプリメント等を選ぶ際に知っておいて欲しい事などをまとめていますので、是非参考にして下さい。

どうして、関節症にはグルコサミンといわれているの?

普通、こうした慢性的な症状がある場合には、医薬品を使う事が基本です。
例えば、頭が痛くなったら、頭痛薬を服用するかと思います。

しかし、関節痛や関節症に関しては、多くの人がグルコサミンやコンドロイチンを意識して摂取している人が多いようです。

それは端的に言えば、一般的な関節痛の薬は、炎症や痛みを除去する事が目的となる鎮痛剤で基本で、抜本的な解決とならない事が理由にあるようです。

一方、グルコサミン・コンドロイチンを摂取するという事は、軟骨の再生を期待し、慢性的な症状を抜本的に回復させる事が目的なのです。

だからこそ、これだけ人気を集めている要因になっています。

関節に対する効果の科学的根拠の証明事例

これまで、ざまざまな臨床試験が行われ、変形性関節症や関節痛の改善効果が多数あります。その一部を以下に紹介します。

「ランセット」医学ジャーナル2001年

世界的に有名な医学雑誌ランセット内の論文です。
こちらで発表された研究論文によれば、212人の変形性関節症患者に、1500mgのグルコサミンを3年間投与し、効果が確かめられました。

日本臨床栄養学会雑誌1998年

日本国内での臨床試験です。
1日1500mgおよび、1000mgの投与で疼痛・歩行能、夜間自発痛、圧痛などの症状に対して明らかな改善効果が認められました。

こちらで紹介しているのは2例ですが、まだまだ日本国内・世界各国で様々な臨床試験が行われ、グルコサミンの様々な効果について、証明されているものがいくつもあります。

グルコサミンの副作用。

通常の食品に近い成分なので、これまでの臨床試験などでも、特に問題となった健康被害や過剰症、副作用等は知られていませんが、稀に胸焼けや下痢といった胃腸障害が現れる事があります。

他のサプリメントや医薬品との併用も、現在のところ問題となった相互作用は知られていません。
安全性は高いものの、現在何らかの病気を患っている人がグルコサミンをサプリメント等で摂取する場合には、主治医と相談した上で利用する方が良いでしょう。

グルコサミンを摂取する場合にはコンドロイチンと一緒に。

変形性関節症など、関節に関しての効果を期待する場合は、保水性に優れ、体内では水分と栄養分の運搬の任務を行う「コンドロイチン」と併用して摂取する事が良いでしょう。

関節痛の緩和にはヒアルロン酸やコラーゲンも重要といわれているので、これらも一緒に摂っておきたいところです。


Copyright (C) 2010 web-glucosamine.com. All Rights Reserved.